まだ新型コロナウイルスが猛威を振るい終息が見えない中ですが、オルソグループの一員として2020年11月に当社は立ち上がりました。
設立の目的は、『人』を発掘し、自立した『人』を育成し、世の中に『人』を排出することです。

オルソグループはグループ理念として「休息療法・栄養療法・運動療法・手技療法・地域医療を通じ自己研鑚を積み、互いに連携する事により、真の健康を追求し続け、皆様が生涯にわたり『笑顔』と『元気』であるように健康管理を担う『究極の医療グループ』を目指します。」と掲げています。
お客様は、我々の提供する「価値」に期待して、オルソグループに関わってくださいます。その期待にお応えするためには、自分を磨くことが必要不可欠です。真の健康管理を担うための技術力はもちろんですが、同じくお大事なのは個々の人間力ではないでしょうか。
グループ内の取り組みを整理し加速させ、そうした人間力を磨き、能力を鍛え、お客様がご満足いただける成果を残すこと。これが私たちの「価値」であると考えます。

「何のために働くのか」。
私は自身に常に問いかけています。働く理由は、人それぞれ。生活のために仕方なく。好きな仕事だから。いずれ独立したいから。など、いろんな理由があるはずです。
私は、オルソグループの皆さんが「自分の人生が『笑顔』と『元気』に満ちあふれているため」に働いていると言ってほしい。自身の価値観や夢、目的のために働いてほしい。
自身の考えで仕事を創造し、事業として動かしていく。社会人として、どんな場面に自分が置かれても、自ら考え、自ら行動し、自ら反省出来る、自立型人間を育成し、世に排出することが企業としての本当の社会貢献ではないかと考えています。

 
PAGE TOP